Prev» 床を這う自動拭き掃除機の「FUKITORIMUSHI」
Next» ビクトリノックスのナイフではなくチョコレート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

Prev» 床を這う自動拭き掃除機の「FUKITORIMUSHI」
Next» ビクトリノックスのナイフではなくチョコレート

過去の自動掃除機(ロボットクリーナー)をまとめてみました。

自動掃除機
昨日の自動拭き掃除機に関連していろいろ検索していたら、面白い画像を発見!自動掃除機といえば、値段の安いアイロボット社ルンバのイメージがありますが、国内のメーカーも作っていたようです。

国内メーカーの自動掃除機って見かけないですが、もしかすると日本人は床に座る生活をする人が多いので、モノが床に散らかっててあまり需要がない?とか思ったりしますがどうなんでしょう。

ルンバ
最も有名な自動掃除機ルンバ、人気の秘密は値段の安さでしょうか!?

トリロバイト
「Electrolux by TOSHIBA」の頃のTRILOBITE(トリロバイト)というロボットクリーナーです、これは結構有名ですよね!

ケルヒャークリーナー
ケルヒャーというドイツのメーカーのモノです、充電器が巨大!

DC06
Dyson(ダイソン)のDC06というモデル、お値段約35万、重量は9.2kg!でもデザインは素敵です。

ナショナルロボットクリーナー
ナショナル時代のロボットクリーナー。炊飯器のように大きいですが、当時は賢いロボットだったはず。

ミノルタのクリーナー
ミノルタのクリーナー。側面の針金が気になります、センサーでしょうか?

日立のクリーナー
日立のクリーナー、目と口がユニークです。

リンク先には他にもクリーナーが紹介されています。

Robot Home Vacuum Cleaners, circa 2002
http://www.frc.ri.cmu.edu/~hpm/talks/Extras/vacs.2001.html

関連ページ
スポンサード リンク
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
アドレス
最近の記事
最近の記事
あわせて読みたいブログパーツ

ナオ

Author:ナオ
Edgewireはインテリアとデザイングッズを紹介しているモノブログです、海外のインテリア・ガジェットを中心に最新のグッズをお伝えしているブログです。こちらまで

  • feedburner
  • はてなブックマーク数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。